忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017年08月19日01:04 】 |
ノートパソコンを自作する その2

お次はCore i版。

Lesance NB 7HP-CL635IW-TypeM2

と 
Lesance NB 7HP-CL636GW-TypeR
 
違いは、上がGPUがCPU内蔵タイプで、下が外付(Radeon)。

つまり、上だとCPUはCore i3 330M/350M、Core i5 420M/520M/540M、Core i7 620M/640M
下はさらに、Core i7 720QM/820QM/920XM/940XMが使えるっていうこと。

Core i7の4コア8スレッドを存分に味わいたいなら後者だし、
CPU内蔵GPUのパフォーマンスを見たいのなら前者。

あと低電圧版でCore i7 640LM/620LMってのがあるから、これもよさげ。

ちなみに私の手元にあるのは

・Celeron P4500
・Core i3 330M
・Core i7 620M

で、今中国から取り寄せてるのが、

・Core i7 820QM
・Core i7 640LM

この2つ。
ホントは920XMか940XMが欲しかったんだけど高すぎて・・・
 

PR
【2010年05月11日03:39 】 | メモ
ノートパソコンを自作するには

ノートパソコンを自作するには、ノートパソコンのベアボーンが必要です。
しかし、最近ノート型ベアボーンの販売が減っているんです。

今、確認出来ているのは『クレバリー』のみ。
http://www.clevery.co.jp/eshop/g/g4529769007434/
これ。

ですが、対応CPUが古い。
やっぱり高性能なCore2やCore iシリーズを使いたいところです。

そこで私が考えたのが、改造しやすいノートパソコンを安く買って
好みのパーツにカスタマイズする方法。

例えば、ユニットコム(パソコン工房・フェイス・ツートップ)ブランドの
ノートパソコンはClevoというメーカーのベアボーンを利用して
パソコンを販売しています。

ですので、改造が容易。
安いものは5万円代からあるので、ベースにするにはぴったりです。

例えば・・・
 Lesance NB 7HP-CL324SW-TypeS

この機種は楽天で54980円です。
Celeronを搭載していますが、FSBが800MHzなので、
Core2 Duo T9500(2.6GHz)など に交換できるはずです。

パソコン工房のサイトに行くと、
同型機種でFSB1066MHzのCPUが搭載されている機種もあるので
もしかしたらCore2 Duo最高クロックのT9900(3.06GHz)にできるかも。

また、メモリを4GBに増やしたり、
HDDをSSDに交換したりすれば、
使い勝手はかなり良くなります。

なかなか面白いとは思いませんか?
ノートパソコンの自作って、デスクトップに比べると
自由度が低く、つまらないと思うかもしれません。

デスクトップだけが自作じゃない。
と私は思うんです。


 

【2010年05月11日02:13 】 | メモ
前ページ| ホーム |

忍者ブログ [PR]